FC2ブログ

根源に続く道

暮らしの中で感じたことを写真と文で表現しています。

人から学ぶ、命の循環と自然の循環~その1~

IMG_0011-_20160516220941392.jpg 


日本の四季は循環している。

毎年春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来る。

先人たちは、
循環する季節をいかに生きやすくするか考えた。

そこで、自然界をよく観察した。

目、耳、鼻、肌、舌 という「五感」をフルに使って。


すると、一定のルールが見えてきたらしい。

この時期はどうすれば体が元気になって
どうすれば自然界の流れに逆らい、疲れるのか、

どのタイミングで動けば、自然の流れに沿ってスムーズにいって
どのタイミングだと、流れに逆らって大きな努力が伴うのか、

というようなルールが。


さて

「人」は、有機体としては「人間」である。

では人間はどこから生まれたのか?

・・・「自然」である。

つまり、大きなくくりで見ると「人=自然」なのだ。


生態系理論は、循環して成り立つ。
私たちの体も、吸った息を吐いて成り立つ。
お金も、使ったら入ってくる。

すべては循環だ。

ということは

自然界で行われている循環を人間界にとりこめば、
人間本来の姿に戻っていけるのではないだろうか。

しかし、なかなか自然界の循環を取り込むことができない。

私たちは自然界をお手本にしようという意識で生きておらず
「人間」として生きているからだ。


そんな中、
自然界の循環を人間界にも取り入れ、
この循環を拡大しようとしているかたに出会った。

名前は、川崎尚哉さん。

尚哉さんは、今の日本において、ちょっと特殊なことをしている。


どんなことかというと

「出会った人の命を循環させる」

というもの。


「出会った人を覚醒させる」

とも言えようか。


循環は、対個人にとどまらない。

大きなうねりを見せて
その人の周囲全体をも循環させる。

例えると

Aさんが尚哉さんに出会った
Aさんの命が循環する
Aさんの出来事が循環する
Aさんのまわりのひとたちも循環していく

という感じ。


いったん話を私にフォーカスすると
私は撮影の仕事をしている。

そこで、自然の循環を感じながら
目には見えない無機的物質(気、エネルギーなど)を写すことをはじめた。

様々な出会いの中から
気づきを得てそうなっていった。

そのきっかけが尚哉さんだった。


この度、尚哉さんは校長になるらしい。

さらっと書いたが、
それはもしかすると、一大事かもしれない。

違和感を感じながらも、うまくいっている風を装い
無意識に自分の傷を深めて生きている人が

尚哉さんに関わることで、
自分を生きざるを得ない環境に
強制的にでもなるからだ。

それは、自分にとって本来の心地よい姿へと還る、
自然に循環した生き方のような気がする。


つづく


※尚哉さんのブログはこちらから
スポンサーサイト



 未分類

0 Comments

Leave a comment