FC2ブログ

根源に続く道

台風19号において被災された皆様、謹んでお見舞い申し上げます。

Index

227: 長野市の雪

窓を開けると外が白かった。雪の日は粛々と

225: 元旦ー善光寺ー

中央通りから善光寺へ。ーーー日常の長野の

224: 長野に帰る人々、向かう人々

長野に帰ってきた人。長野に遊びにきた人。

223: 信州再生復興農ボラ体験記-2

前回の農ボラ体験記から期間が空いてしまい

222:  信州再生復興農ボラ体験記

台風19号で被災された長野の農家さんをサポ

221: りんご農家を未来へ繋ぐー応援お願いします!ー

台風19号のあった10月。被害を受けた、長野

220: 災害ボランティア記in長野市の避難所

先週、長野市の避難所でボランティアをしま

219: 人生の問いを深めるーマスターとの時間ー

「時が止まったかのよう。」そんな言葉が似

218: 長野県災害支援情報共有会議に参加した話

長野県では、NPOが災害支援情報共有会議を

217: 支援、状況報告ー焼き芋と杏、松代とツルヤー

長野市の被災地は、冷えたお弁当かカップラ

216: 台風で被災した長野市で動いたこと、思ったこと

先週、台風19号で被災した長野市に帰省しま

215: 長野県のことーオオイヌノフグリに変えてー

私の実家のすぐ近くを、長野市犀川が流れて

214: 長野県の情報をリツイートするTwitterをはじめました

長野県の情報をリツイートするTwitterをは

212: 台風19号における長野県の被害についてー役立つSNSアカウント紹介ー

10月12日、台風19号により、日本で多くの川

210: 穂高養生園・体験記-3〜新棟の中〜

前回のつづき受付のある里の家から、歩いて

208: 穂高養生園・体験記-2-〜受付〜

前回のつづき雨の影響をさほど受けず、穂高

202: 穂高養生園・体験記-1〜養生園までの道のり〜

2ヶ月前。こんなことがあった。職場のおば

207: 心が開く、食事時間

友人と、飯能のお食事カフェ「くうふく」に

190: 魂揺さぶる食事道

今年の春。偶然入った、食事のできるカフェ

206: いつまでも、野球が好きー甲子園、開幕ー

夏の甲子園が始まった。草野球チームの彼ら

205: 眠っている野球用具、生き返らせませんか?ー用具募集ー

野球は、人間性を育むスポーツです。学生野

204: 「わざわざ」が力に変わる

元気が出た。大変なときに、応援にきてくれ

203: 彼の思いー爽やかな関わり合いー

よさこい鳴子踊りの撮影の仕事にてチーム(

201: カメラマンの7月

凄まじい1ヶ月が終わった。私の仕事は、い

200: 心・体・頭の統合ー穂高養生園での気づき/後編ー

前回のつづき穂高養生園は主に食養生をする

199: 心・体・頭の統合ー穂高養生園での気づき/前編ー

5.6月。私は、社会や環境に適合するために

198: 歩く、ということ〜ナンバ歩きの実践〜

前回(伊豆大島・島歩き)の続き。島は車で

197: 伊豆大島・島歩き

5月上旬。強めの日差し。熱海からフェリー

195: 自分が投げかけたい言葉 よりも 相手が欲していそうな言葉 を伝える。〜応援する、ということ〜

「頑張れ」この言葉は、時代の流れとともに

194: 虹の中で、胸、高鳴る〜熱海から大島へ〜

熱海の海沿い。木々に守られるように、宿が

192: 海町スナップ〜熱海〜

海町。小田原から熱海にかけて。平日の熱海

191: 空き家と猫の春景色

春うらら。猫はうつらうつら。冬から春へ。

189: トークライブを終えて

トークライブ:物事の根源をとらえ表現を試

188: 懐古小諸、パンの上田、ワールドカフェ、散文、闇の昇華などー19年2月の日記-3-ー

前回のつづき前回のブログ→こちら翌朝。地

187: 懐古小諸、パンの上田、ワールドカフェ、散文、闇の昇華などー19年2月の日記-3-ー

前回のつづき前回のブログ→こちらワールド

186: 懐古小諸、パンの上田、ワールドカフェ、散文、闇の昇華などー19年2月の日記-2-ー

前回のつづき 前回のブログ→こちらルヴァ

185: 懐古小諸、パンの上田、ワールドカフェ、散文、闇の昇華などー19年2月の日記-1-ー

19年2月。長野県小諸市・上田市へ行った日

184: 縁筆画展の思い出−2

去年、絵画展に参加した。その時の日記→こ

183: どこで咲く?〜チューリップの声〜

今日は冬のような1日。植物たちはびっくり

182: 自分に気づいている、ということ

家の前。桜、散ってきた。先週の様子↓物事

181: エモーショナル

目を閉じると浮かび上がる淡くて優しい桜色

180: 飯能の景色

そろそろ自然の中に行きたい。家から最も近

179: 丁寧な時間

珈琲を淹れる。珈琲博士の友人が「あげるよ

178: 命の息吹に触れる春

今月行うトークライブ冒頭で、映像を流そう

177: 自分に問うー写真の力ー

トークライブで使う写真を日々選んでいる。

176: 縁筆画展の思い出−1

新元号が発表された。令和。私の第一印象…

175: 甲子園と京都ー夏の写真日記ー

朝4時半。大阪のゲストハウス。 この

140: 飯能のカフェ

山登りが好きな人にはお馴染みの埼玉県飯能

174: 景色を通して気づく私ー根源にある思いに触れるー

友人が泊まりに来た。その友人とは、まだ知

173: 振り返ることで気づくこと。気づいて力にしていくこと。

今、大きな節目の時。季節も、時代も。人の

170: 新年・善光寺詣りの日記

2019年。あけましておめでとうございます。

168: 旅の記憶-4日目-3

 -----------お腹を満たし、港へ向か

167: 旅の記憶-4日目-2

朝の散歩から戻る。売店のおにぎりで朝食を

166: かっこいい大人たち-2〜草野球〜

埼京リーグは、SAIKYOの名の元のとおり、強

165: かっこいい大人たち-1〜草野球〜

高校野球が好きになって、もう18年くらい経

163: 旅の記憶-4日目-1

6時過ぎ、起床。波照間島旅最後の朝。行け

162: 旅の記憶-3日目-4

 ーーー今晩も旅人と夕日を見に行く。

160: 穀物コーヒーの美味しい入れ方・覚書

珈琲が好き。インスタントではなく、自分で

161: 旅の記憶-3日目-3

 11時前。汗だくで高那崎から戻る。旅

158: 四季の景色とこころの景色

季節は変わり、11月。同じ場所からの景色も

157: 旅の記憶-3日目-2

__________朝7時台。既に暑い道路を、自転

156: 旅の記憶-3日目-1

----------6時代に起床。空が赤く焼けた頃

155: 旅の記憶-2日目-4

空は次第に暗くなる。水平線から水平線へ、

154: 旅の記憶-2日目-3

----------散歩に行こうと部屋を出たとき。

153: 旅の記憶-2日目-2

お宿に着いた。一緒に来たお客さん(以下、

152: 旅の記憶-2日目-1

7時前起床。ドミトリーだけどお客は私だけ

151: 旅の記憶-1日目

----------なんとなく沖縄に行くならここだ

149: 心の動き=シャッターを切る回数

心から、今を残したかった。マニュアルレン

148: 生きた時間〜喫茶店のマスターと〜

冬に「縁筆画展」に参加した。主催は、絵描

146: 鼻孔をくすぐる夏の香り-2

いく予定のなかった長瀞に、足を運ぶ。海の

145: 鼻孔をくすぐる夏の香り-1

in長瀞 

147: それぞれの水辺

 

141: 普通の鍋でお米を炊いてみた

知人はいつも、お米を普通の鍋で炊くらしい

138: 暮らしの中にある山

とあるミッションを果たしに、ある日、飯能

137: 炎天下。燃える納豆撮影

納豆写真を撮るミッションがあった。被写体

136: イメージしてた建物が目の前に現れた!〜自然の中で感じた気づき〜

こんな場所に住んでみたいなと思う写真を、

135: 海町

 in千葉

134: お米の音を聞く

キャンプの撮影をした。飯ごう炊さんのプロ

133: ある日の暮らしの試み

目覚め**********昼  **********

125: 選び方のくせに気づく

こんまり流片付けをして気づいた。今まで、

124: ときめきは、作れる

こんまり流片付けの極意「ときめくものを残

130: 食べることは生きること

食べることは生きることという言葉を先週4

132: 知る、ということ〜本土復帰〜

昨日5月15日。沖縄本土復帰の日。沖縄の歴

131: エネルギーとリズム

大いなる自然のリズムを掴む。太陽を目印に

127: 雨の似合う喫茶店の深み

しっとりとした喫茶店は「それぞれの人生」

122: 20年以上ぶりの再訪-3〜珍しく起きているコアラと新緑~

東山動物園続き昔、この壁の前で写真を撮っ

121: 20年以上ぶりの再訪-2〜ヤギ〜

東山動物園ふれあい広場にて。  

119: 20年以上ぶりの再訪-1

先日、名古屋で撮影の仕事がありました。そ

118: 根本と向き合う〜山口達也の件〜

 昨日、京都にて、複数の喫茶店&

117: ため息

最近、ため息が出るんです。何かが一段落し

116: 出す時期・春土用

 明日まで春土用。夏の体を作るための

115: 一生懸命の命

友人からいただいたパキラ。土をハイドロに

114: 結婚式を通して感じる今

ガーデンウェディングが増えています。撮影

113: やってみることが、自分の枠の広げてくれる〜夜のコーヒー〜

 ある日の朝食・長野が誇る丸山珈琲・

112: 心配事に割くエネルギーを有意義なエネルギーに転換させる方法

 今日の機材。私の仕事は、いつも荷物

111: 人生の無駄な時間を減らす方法

3月から行なっているこんまり流片付け。ほ

110: 陰陽で見る桜

   先週末、善光寺雲上殿へ

109: 春土用の食事

昨日から、春土用が始まりました。土用は、

108: 地産のマルシェで自分を整える

隣町で、定期的にマルシェが行われています

107: 春の色から思い出す根源

桜を見ると思い出すことがある。学生時代友

106: 自然に沿って節目を過ごすー 「道を開く日」を写真で振り返るー2

春分の日に開催した目標達成イベント。この

105: 「道を開く日」を写真で振り返るー1

3月21日・春分。天気・雪。占星術、写真

104: 贈り物の根源

「贈り物」をもらった時の一番の嬉しさは私

103: 世間がスピリチュアルと言いそうなことほど超現実的に事実を捉えたい。そんな私でもここは、飛び抜けた力を肌で感じる。

関東一のパワースポットと名高い三峯神社。

95: 深呼吸ができるパン屋〜故郷にて〜

長野県は上田市別所温泉にてとても趣のある

97: 人と、からだが教えてくれること

自分のことは自分が一番わかってると言うと

102: 元気の循環方法〜大人の学園祭・ラフピーを終えて〜

自分の好きなことを表現し、お客さんに提供

101: あなたの根源に触れ、道を作るお手伝い、します。

 好きなことだけしよう!やりたいこと

100: 私の履歴書〜はたらき方の刷新〜

昨日2/16、カメラマンという肩書きを改めま

99: 食のステージ、します。

日々、干し野菜を作っています。切って、干

96: 別所温泉の時間〜長野県上田市〜

--------------------------

94: ヒトの故郷に還る〜西表島の海の中

夏に暮らしていた西表島のフィルム写真が届

98: 大雪の翌朝。早起きして町を記録した。

昨日から東京に降り続いた雪。朝、玄関を開

93: 日曜日

友人オススメのカフェへ。何もかもハイセン

92: 共に、感じあうこと

 ゴールは共に何かをすることではなく

91: 今ここの景色を味わう

雪国の冬。春から動くための力を蓄える。冬

90: 作って育てて食べる、ということ〜大自然の味わい〜

写真…お正月の親戚宅にて。親戚の畑でとれ

89: はじまり

はじまり。スタート。ここから。※高校サッ

88: ワンシャッターの自己対話〜今年の豊富〜

あけましておめでとうございます。人は、何

87: 家族写真

今年2月。川崎尚哉さんのお宅へ。役者であ

86: クリスマスの町

入間市にて。自分を愛せるようなクリスマス

85: 在り方インタビュー写真・春の彼女

今年春先の写真。在り方インタビューをさせ

84: 移動型カメラマンとして継続していること、体のこと

 七五三撮影。会ったときから既に着物

83: カメラマンの裏側~都内近郊出張カメラマンあるある~

 先日、学生さんに「カメラマンになり

81: 動物と共に生きる~西表島暮らし日記

西表の生活圏内にはたくさんの動物がいる。

80: お祭りで触れる、自然と時代〜西表島暮らし日記

9月の満月。大原集落のお祭り「道ジュネ〜

79: 虫で感じる食物連鎖〜西表島暮らし日記〜

前回の続き(Gの話) 家の中にはいつ

78: 命の根源、食物連鎖〜西表島暮らし日記

シェアハウスの生ゴミは一旦バケツに入れる

77: 西表島暮らし日記〜虫について〜

 温暖な西表は、植物が巨大。自分が小

76: 西表島暮らし日記〜朝散歩-1〜

豊原の1日がはじまる。

75: 西表島暮らし日記〜自己対話とか、出会いとか〜

6時半起床。散歩。西表は暑い。日差しがと

74: 西表島暮らし日記〜豊原案内〜

いま私が暮らしているのは西表島東部エリア

73: 西表島暮らし日記〜日々のごはん〜

おいしい って思えるのは幸せなことだなあ

72: 西表島暮らし日記〜友人、来たる〜

東京から友人が遊びに来てくれた。1泊は西

71: 西表島暮らし日記〜ある日の半日〜

起床。お水を1杯飲む。まだ日が早いうちに

70: 西表島暮らし日記〜静かなる意識の動き、砂浜芸能祭〜

8/27みんなで西部方面のお祭りに行った。&n

69: 西表島暮らし日記〜上原港付近の紹介〜

西表島は、大きく分けてエリアが2つ。東部

68: 西表島暮らし日記〜由布島・後編〜

前編はこちらカラフルな由布島。前回書いた

67: 西表島暮らし日記〜甲子園決勝〜

西表に来てからというもの、眠い。それが昨

66: 西表島暮らし日記〜由布島・前編〜

この前のオフのこと。朝、テトの散歩。雲の

65: 西表島暮らし日記〜8/20〜 と高校野球

6:30起床。朝焼けと海を眺めながら、ラジオ

64: 西表島暮らし日記〜オフの日〜

先日のオフday。憧れのSUPに挑戦しました。

63: 西表島暮らし日記〜8/15〜

東京から大阪に行った先週大阪に降り立った

62: 西表島暮らし日記〜シェアハウスの前にある海の紹介〜

シェアハウスの前は海でバルコニーから、果

61: 西表島暮らし日記〜ぶらり西部エリア〜

8/13(日)今日も好天。朝食は昨日作ったミ

60: 西表島暮らし日記〜大原夏祭〜

西表島の玄関口、大原にて夏祭。前日の夜は

59: 8/11 西表島暮らし日記

シェアハウスで迎える初めての朝。カーテン

58: 8/10 西表島暮らし日記

 石垣の朝。宿からの景色は石垣らしい

57: 8/9 西表島暮らし日記-0-1

昨日、西表島に行く予定が台風の影響で飛行

55: 島暮らし、はじめます

心地よい暮らし、というものに興味がある。

56: 勝ち続けた彼らの舞台が、今はじまる。

学生時代、私は、県内の高校野球部を取材し

54: 渾身のエール

 写真展「エール」。いずみカリーさん

53: 応援写真展のお知らせ

  写真展「エール」を開催します

52: 夏の快適な過ごし方~序章

 今、日本では夏の甲子園地区大会が行

51: 写真、やっててよかった~写真教室で感じたこと~

様々な企画運営をされているかたの企画で写

50: 半年間の穢れを払い、心を開放する

先日・6/30は大祓。大祓とは、半年間の罪穢

49: カメラマンという仕事の裏側

カメラマンは、撮影だけが仕事ではありませ

48: 本気で生きる姿から根源に触れる

 体育祭の撮影ラッシュ。先日、判定に

47: 月と共に生きる

 先週、寺社フェスの撮影をした。1日

46: 僕が一番欲しかったもの

 ラジオをBGMに仕事をしてた。たく

45: 写真を撮ること、撮られること。

 以前、個人写真専門のカメラマンにプ

44: 大地と共に生きるということ~ネパールの映画・東日本大震災から思ったこと~

 自分が住む場所に、どんな思いがある

42: 子どもたちから学ぶ生き方

 多くの学校で入学式が始まった。今日

41: 圧倒的な経験をしたとき、人は「ただ在る」だけになる

 何年か前、ハワイの写真展をしたいと

40: 目に見えないものを学ぶ旅

 間もなく、ヴィパッサナー瞑想に行く

39: 今の日本を斬る若き侍

渋谷ハチ公前で、街行く人に「あなたにとっ

38: 生きる街角インタビュアー~渋谷ハチ公前

「あなたにとって幸せとは何ですか?」坊主

36: 笑顔の奥にある思い-後編

「学びが多い方が、貢献できる度合いが増え

37: 音楽は、目に見えない根源的なものに触れることができる。

  先日、友人であるSinger micah

35: 笑顔の奥にある思い-前編

待ち合わせは地下にあるチェーン喫茶。話し

34: 諸行無常と変わらないもの

 世の中は、諸行無常。なにごとも移り

33: これでいいんだろうか?と思ったときは信じてみる

子どもやシニアなど色んな世代が多数集まり

32: 子どもを信じてあげてください~ご両親様、ご祖父母様へ~

 七五三は、動きが制限される着物を着

31: 当たり前のように動けるのは、赤ちゃんの頃、めいっぱい動いた集積

 赤ちゃんの手。たくさんうごく。グー

30: 家族を結ぶ写真~祝いの証~

 孫の七五三のために親戚のかたが飛行

29: 母の祈り~生まれる前のあなたへ~

 「なかなか子どもができなくて。それ

28: 成長する ということ

七五三。   セットした重い頭に動き

27: 一度離れてみる、ということ

 毎日神社で七五三の撮影をしている。

26: 家族というコミュニティー(後編)

 いつも、色んなご家族の撮影をさせて

25: 家族というコミュニティー(前編)

「家族」という言葉からどんなことを連想す

24: 今の自分に必要なことを知る方法~木を触って感じてみよう~

 新月と満月の日は近所の神社に行く。

23: 本気で相手と絆を結びたいなら~クライミングからの学び~

 クライマーを支えるパートナーは相手

22: 笑顔のお見送り

 延長を戦い抜いた夏。12回まで持ち込

21: 少年野球でまず教えてもらうこと

 「まず、道具を磨くことから教えても

20: 打って投げての奥にあるもの

チームが劣勢になってもずっと笑顔で大きな

19: 魂の宿る道具

とある高校のピッチャーの話。彼はピッチン

18: 応援団という戦力

 負けている。ちょっとピンチかもしれ

17: 高校野球愛

 高校生の時、吹奏楽部に所属していた

16: 応援の力

大応援団を率いたチームの試合だった。その

15: 演説から感じた「人間」の原則と、物事の本質

長年つきあっている仲のいい友人がいる。会

14: 自分を救う。それは自分なのだ。今更答えはいらない

 護憲か、憲法改正か。揺れる最中。二

13: 人から学ぶ、命の循環と自然の循環~その1~

 日本の四季は循環している。毎年春が

12: 月と人の関係~生理で体感、月の引力~

 5月7日・新月。鎮守神様へご挨拶に

11: からだが目覚める方法

 いま、暦の上では、春と夏の変わり目

10: 古来人から学ぶ、真のコミュニケーションとは?

はるか昔、言葉が生まれる前の時代。人々の

9: 食べものと体の関係~春土用~

「土用」と言えば、土用の丑の日…ウナギを

8: 自然のなかに溶けこむ。自分は、ただ、そこにあるだけ。

アウトドア用品店のカフェに行った。そこで

7: 桜で女性の病をなおす-2

女性は桜を見ると健康になる(前回のブログ

6: 桜で女性の病をなおす-1

前回につづき、今日も桜のお話。「女性は、

5: 日本人と桜の関係

東京の西側市街は、今、桜が満開。各地でお

4: この土地に根を張り生きる

数日前、仕事で京都出張の声がかかった。京

3: 結界をくぐって心を清める

神社には、鳥居がある。赤い鳥居、白い鳥居

2: 赤色心理学

神社は赤(朱)色が多い。赤 とは、昔から

1: お彼岸とご先祖様

いまは、お彼岸。いろんな情報がせわしなく